赤羽矯正歯科│東京都北区│舌側矯正・成人矯正(大人)・小児矯正(子供)・歯列矯正・歯並び治療

赤羽矯正歯科

赤羽矯正歯科

無料相談受付中

03-3903-0053
  • LINE相談
  • メール相談
  • カウンセリング・ご予約

保険で治せる矯正歯科治療
insurance

保険適用の範囲内で、矯正歯科治療が可能となる場合があります

当院は厚生労働省より「歯科矯正診断料算定の指定医療機関」および「顎口腔機能診断料算定の指定医療機関」の認可を受けており、特定の疾患の方は保険適用の範囲で矯正歯科治療をすることができます。

赤羽矯正歯科

矯正歯科治療は通常保険適用外となり、治療にかかる費用は自費となります。

一方、当院は厚生労働省より「保険範囲で矯正治療を行ってよい医療機関」の指定を2種類受けていますので、次の疾患の方の矯正歯科治療を保険で行うことができます。

 

厚労省より受けた指定医療機関の種類
  • 歯科矯正診断料算定の指定医療機関
  • 顎口腔機能診断料算定の指定医療機関

 

当院で保険適用で矯正治療が可能な疾患
  • 厚労省の指定する先天性の疾患(詳細はこちら)により咬合異常をきたしている方(先天疾患)
  • 永久歯が3本以上生えてこないことにより咬合異常を発症している方のうち、歯茎の切開手術が必要とされた方
  • 「顎変形症」の治療のために「顎の外科手術(顎矯正手術、骨切り手術)」が必要と診断され、外科手術の前や後に矯正歯科治療が必要とされた方

 

詳細に関しましては、以下のセクションをご覧ください。

保険適用の範囲内で矯正歯科治療が可能となるのは?

特定の疾患の方は、特定の医療機関において、矯正歯科治療が保険適用となります。

「特定の疾患の患者さん」と「顎変形症の手術で必要な場合」に限り、特定の医療機関で、保険適用範囲内のご費用で矯正歯科治療を受けることができます。

保険適用範囲内で矯正歯科治療を行える施設は、厚労省により指定された「歯科矯正診断料算定の指定医療機関」、または、「顎口腔機能診断料算定の指定医療機関」です。

保険適用の範囲内で矯正歯科治療を受ける事ができる特定の疾患

1.「別に厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常

「別に厚生労働大臣が定める疾患」の一覧は こちら をご覧ください。
唇顎口蓋裂をはじめとする53の疾患がこれに該当しております(2019年7月現在)。
これらの疾患に起因した咬合異常の矯正治療が、保険適用の範囲内となります。

「歯科矯正診断料算定の指定医療機関」が対象施設となります。

 

2.顎の外科手術を要する顎変形症の手術前、手術後の矯正歯科治療

顎変形症とは、上顎や下顎の形・大きさの異常、または、上顎・下顎の配置の歪みにより、咬み合わせ異常(不正咬合)や顔の変形などが生じる病気のことです。
上下の顎が上下・左右・前後にずれるため、下顎前突、上顎前突、正中線のずれ、開咬、過蓋咬合などを伴うことが多くあります。

「顎変形症」の治療のために「顎の外科手術(顎矯正手術、骨切り手術)」が必要とされた場合、手術の前や後に矯正歯科治療を行うことが一般的です。

「顎口腔機能診断料算定の指定医療機関」では、この矯正歯科治療の部分を保険適用内で行うことが可能となります。

  • 治療前
  • 治療中
顎変形症の治療方法 矯正歯科治療の費用
顎の外科手術が必要 手術前・後に矯正歯科治療が必要 保険適用
矯正歯科治療は必要ない -
歯並びの矯正治療で対応 自費診療

 

3.前歯3歯以上の永久歯萌出不全に起因した咬合異常(埋伏歯開窓術を必要とするもの)

「永久歯萌出不全」とは、大人になっても永久歯が正常に生えてこない疾患のことです。
「埋伏歯開窓術」とは、上記のような疾患の治療に際し、歯茎を切開し歯茎の中に埋まったままの永久歯を露出させる手術のことです。

つまり、永久歯が3本以上生えてこないことにより咬合異常を発症している方のうち、歯茎の切開手術が必要とする方にのみ、保険適用内での矯正治療が可能になるということです。 

「歯科矯正診断料算定の指定医療機関」が対象施設となります。

永久歯が生えてこないことに起因する咬合異常の治療 矯正歯科治療の費用
永久歯が3本以上生えてこない 歯茎の切開手術が必要 保険適用
切開手術の必要はない 自費診療
永久歯が1、2本生えてこない 自費診療

保険適用の範囲内で矯正歯科治療を行える医療機関

歯科矯正診断料算定の指定医療機関

「先天性の疾患により咬合異常をきたしている方」および「前歯3歯以上の永久歯萌出不全に起因した咬合異常があり埋伏歯開窓術を必要とする方」の矯正歯科治療を保険適用内で行う事ができます。

 

顎口腔機能診断料算定の指定医療機関

顎変形症により咬合異常をきたしている方の矯正歯科治療を保険適用内で行う事ができます。

「顎口腔機能診断料算定の指定医療機関」に指定されるためには、「指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)」としての指定基準を満たしている必要があります。
指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)として認定されるには、主に以下のことが必要とされます。

  • 歯科医師の5年以上の専門的な治療経験
  • これまでの研究内容と口蓋裂の歯科矯正の臨床内容とに関連性が認められること
  • スタッフの充分な体制
  • 厚労省の指定する診断機器が整備されていること
  • 懇切丁寧な医療が行える施設であること

「自立支援医療」とは、障害のある方の医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。
自立支援医療で治療や調剤を受けることができるのは、厚労省が指定した自立支援医療機関に限られます。

保険で治せる矯正歯科治療

厚労省の指定する先天性の疾患

  • 唇顎口蓋裂
  • ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む。)
  • 鎖骨頭蓋骨異形成
  • トリーチャ・コリンズ症候群
  • ピエール・ロバン症候群
  • ダウン症候群
  • ラッセル・シルバー症候群
  • ターナー症候群
  • ベックウィズ・ウイーデマン症候群
  • 顔面半側萎縮症
  • 先天性ミオパチー
  • 筋ジストロフィー
  • 脊髄性筋委縮症
  • 顔面半側肥大症
  • エリス・ヴァンクレベルド症候群
  • 軟骨形成不全症
  • 外胚葉異形成症
  • 神経線維腫症
  • 基底細胞母斑症候群
  • ヌーナン症候群
  • マルファン症候群
  • プラダー・ウィリー症候群
  • 顔面裂
  • 大理石骨病
  • 色素失調症
  • 口腔・顔面・指趾症候群
  • メビウス症候群
  • 歌舞伎症候群
  • クリッペル・トレノネー・ウェーバー症候群
  • ウイリアムズ症候群
  • ビンダー症候群
  • スティックラー症候群
  • 小舌症
  • 頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む。)
  • 骨形成不全症
  • フリーマン・シェルドン症候群
  • ルビンスタイン・ティビ症候群
  • 染色体欠失症候群
  • ラーセン症候群
  • 濃化異骨症
  • 6歯以上の先天性部分(性)無歯症
  • CHARGE症候群
  • マーシャル症候群
  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • ポリエックス症候群
  • リング18 症候群
  • リンパ管腫
  • 全前脳胞症
  • クラインフェルター症候群
  • 偽性低アルドステロン症
  • ソトス症候群
  • グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)
  • その他顎・口腔の先天異常
    顎・口腔の奇形、変形を伴う先天性疾患であり、当該疾患に起因する咬合異常について、歯科矯正の必要性が認められる場合に、その都度当局に内議の上、歯科矯正の対象とすることができる。
    ※当局とは、所轄の厚生(支)局です。

pagetop

03-3903-0053   予約