赤羽矯正歯科│東京都北区│舌側矯正・成人矯正(大人)・小児矯正(子供)・歯列矯正・歯並び治療

赤羽矯正歯科

赤羽矯正歯科

無料相談受付中

03-3903-0053
  • LINE相談
  • メール相談
  • カウンセリング・ご予約

舌側矯正(リンガル)
Lingual braces

舌側矯正(リンガル)

歯の裏側にブラケットを着ける方法で、矯正中、人に気づかれにくいのが特徴です。

「歯並びを治したいけれど目立つ装置はつけたくない」「人に気づかれずに歯並びを治したい」という人の為の装置です。

装置に慣れるまでに、個人差はありますが、約1ヶ月でだいたい慣れます。
話すことを職業にされている場合、発音に支障が出る場合があります。しかし、審美性は非常に高い矯正法といえます。

 

  • 症例
    治療前
  • 症例
    治療中
  • 症例
    治療後
ご説明
主訴: 八重歯が気になる
診断名: 叢生
初診時年齢: 23才10ヵ月
治療内容: 上下舌側の装置
装置名: マルチブラケット装置(Kurz7th)
抜歯非抜歯: 抜歯[上顎左右側4歯、下顎右側1歯]
治療期間: 2年〜2年半程度
費用の目安: 自費診療(1,200,000円程度)
リスク・副作用: 歯並びやかみ合わせが改善しますが、治療中はより虫歯と歯周病に気を付ける必要があります

舌側矯正(リンガル)について

裏側からの矯正(リンガル)とは?

歯の裏側に矯正装置をつける方法で、矯正期間中、周りの人に見えないのが特徴です。
「歯並びを治したいけれど矯正装置が目立つ」
「人に気づかれずに歯並びを治したい」
という人の為の装置です。

  • 症例
    リンガルブラケット
  • 症例
    リンガルブラケット
  • 症例
    ハーフリンガル

 

舌側矯正専門医院として

舌側矯正専門医院として、「日本舌側矯正歯科学会認定医」「世界舌側矯正歯科学会認定医」「ヨーロッパ舌側矯正学会認定医」を取得しています。

舌側矯正治療のエキスパートとして、当医院での舌側矯正(リンガル)治療では、表側から矯正の治療結果と同様の結果を得ることが出来ます。

また、院長名取は、舌側矯正について解説した専門書の執筆や、学会への論文投稿を定期的に行っております。

 

舌側矯正のメリット・デメリット
メリット

1.周りの人に気づかれにくい

装置が歯の裏側につきますので外側からは見えません。
接客業や営業職など人前に出るお仕事の方にはお勧めです。

2.虫歯になりにくい

表側の矯正では歯磨きしづらく虫歯になりやすい一方、歯の裏側は唾液の静菌・殺菌作用で虫歯が出来にくい環境です。

3.衝撃のダメージを受けにくい

転倒時やスポーツ中に強い衝撃を受けた場合でも、裏側装置の場合、装置や口腔内が損傷する危険が少ないです。

4.舌癖(歯を舌で押す癖)の改善

裏側に装置がついているため、舌で歯を押す癖をなおしやすいと言われています。

 

デメリット

1.費用が割高

一歯一歯全てオーダーメイドになるため、費用が割高になりますが、矯正治療における効果も大変良いと言えます。

2.顎間ゴムが使いずらい

裏側の矯正装置にゴムをかけるのは難しく、仕上げの段階で表側に透明な小さな装置(ボタン)をつけることがあります。

3.裏側は歯ブラシがしにくい

歯肉炎の可能性があり、丁寧な歯ブラシが必要です。

4.発音がしづらい

装着後1ヵ月ほどは、サ・タ行などの発音がしずらくなります。個人差があるので装置の付け始めは初男院練習が必要です。

舌側矯正装置の種類

pagetop

03-3903-0053   予約